コラム-TOP-1.jpg

​スニーカーカスタムの魅力

​日本を代表するスニーカーカスタムデザイナーのクリエイション

Re⇆STOCKが考えるスニーカーカスタム

​経年劣化によってソールがボロボロになってしまったお気に入りのスニーカーをソール交換によって蘇らせることや、定番モデルへパーツを足して自分だけのオンリーワンな1足を作る。デザインだけでなく、履き心地をより良くしてあげる。
手を加えて新たな魅力を引き出すことが、私達の考える「カスタム」です。

​スニーカーカスタム界の若きリーダーとのコラボレーションが実現

​いまやスタイリングやワードローブに欠かせない、スニーカー。
「スニーカーカスタム」も、世界中で取り組むクリエイターが増え、ここ数年で​メジャーになりつつある。今回、日本を代表するスニーカーカスタムデザイナー廣瀬瞬氏(RECOUTURE)とのコラボレーションが叶い、廣瀬氏監修のスニーカーカスタムが誕生。
今回のカスタムについて独自の観点やこだわりのポイントを​伺いました。
※TOP写真(左:Re⇆STOCK店長 東海林/ 右:廣瀬氏)
IMG_6439.JPG
IMG_5498_edited.jpg
IMG_5497.jpg
IMG_5504_edited.jpg
​テーマは「最先端へのアップデート」
​東海林:今回のカスタム監修ありがとうございます!
ブランドとしてはNIKEの「AIR JORDAN 1」「AIR MAX 90」をセレクトされましたが、NIKEは廣瀬さんにとってどんなブランドですか?
廣瀬:僕にとってNIKEは「最先端のスニーカーブランド」ですね。
個人的にも好きなモデルもあるし実際に愛用しています。昨年、上海で行われたNIKEのカスタムイベントに呼んでいただいて、思い出深い事もあり今回選びました。
東海林:なるほど。たしかに今日もNIKE履かれてますね!
(当日は、自身でカスタムしたコルテッツを着用)では、この2モデルを選んだ理由は何ですか?
廣瀬:今なお人気の高いモデルだからです。「AIR JORDAN 1」「AIR MAX 90」も発売当時から今に至るまで
継続して人気があります。希少価値の高いモデルも多いですよね。
カスタムが初めての方にもトライしやすいと思ってもらえるように、手に入りやすい現行モデルを選びました。
ソールを変えて「最先端へアップデート」するイメージです。
東海林:たしかにその通りですよね。どちらもコレクターがいますし、納得です。スニーカーカスタムの中でも、ソールカスタムって一番印象が変わりますよね。2モデルのカスタムポイントはどんな点ですか?
廣瀬氏:2モデルに共通してこだわったのは、アッパーとの一体感を重視しました。
まず、AIR JORDAN 1は、アウトソールを削り落としてからソールを接着したことで、違和感が出ないように。
AIR MAX 90はアッパーのレザーの質感に近いソールをセレクトしました。ソールとの境目がわかりにくい仕上がりになっていると思います。
どちらもデザインとしても素晴らしいので、アッパーのデザインを損なわないようにしました。
IMG_8481.jpg
IMG_8513.jpg
IMG_8488.jpg
 
東海林:「アッパーのデザインを損なわないように」という点は、廣瀬さんのブランドに対するリスペクトが伝わってきます。2モデルともかっこいいです! このカスタムはどんな方にお勧めしたいですか?
廣瀬:そうですね、自分の「個性」としてファッションで表現したい人や、「いつもの」では物足りない人にお勧め
したいですが、何よりもカスタムって、面白いなと思ってもらいたいですね。
スニーカーって買うだけじゃなくて、「カスタムする」ことがファッションの選択肢の一つになって、より愛着をもって使ってもらえると嬉しいです。
東海林:スニーカーカスタムによってファッションの幅が広がったり、より愛着を持って使う事は、新しい価値観が
生まれますよね。今回の監修モデルのこだわりをしっかりお客様へお届けしたいと思います
貴重なお話ありがとうございました。
Re⇆STOCK×Shun Hirose SNEAKER CUSTOM

1/4
NIKE AIR JORDAN 1 MID
​ソール:Vibram 2661 RIPPLE GUMLITE 
元の赤いアウトソールを全て削り落とすことで、側面の段差をなくし自然な一体感を実現。
​ソールはVibram社製の2661。ギザギザとした形から別名「シャークソール」とも呼ばれ、中でもこのGUMLITEは軽量で足運びしやすく足に負担がかかりにくいのもポイント。
​¥12,100-(tax in)/納期:2週間~

1/4
​NIKE AIR MAX 90
​ソール:DA.MA.&Co SUBLIME 
ラバー素材の塊から削り出したようなボリュームのあるイタリアの
ダマ社製のソールを使用。接着面の境目がわかりにくく、
元から存在していたデザインのように錯覚する仕上がり。
独自開発の弾力性を含む特殊スポンジ素材を使用した「ウェアライト」シリーズは軽量で、柔軟性と耐久性を兼ね備えている。
​¥13,200-(tax in)/納期:2週間~
​廣瀬 瞬/Shun Hirose​
1986年生まれ、東京都出身。20代前半から靴修理店で働きながら技術を習得。
2013年に独立、「国分寺シューズ」OPEN後、自身のスニーカーでスニーカーカスタムを始め、SNSにアップしたところ、各地からオーダーが入るように。海外客のオーダーも多いことから、拠点を渋谷へ移し店舗も「RECOUTURE」へ改名。
高い技術力と独自のセンスで生まれるカスタムが高い評価を受け、上海で開催されたNIKE CHINA主催のポップアップイベントへのインビテーションや、adidasのプロジェクト「Campus 80s MakerLab」クリエイターの1人に選出されるなど、活動の幅を広げている。
%E5%BB%A3%E7%80%AC%E3%81%95%E3%82%93%E3%
​ご来店不要のオンラインオーダー受付中!